« 2009年 夏・北海道旅行記(1) | トップページ | 2009年 夏・北海道旅行記(3) »

2009年8月26日 (水)

2009年 夏・北海道旅行記(2)

Aug-4 Day2 前半 ~旭山動物園~

7:00に目を覚まし、カーテンを開ける。快晴だ。
最上階の部屋からは、旭川駅の端っこというか、ずっと伸びる複数の線路が見える。
見晴らしいいなぁ、旭川。

身支度を整えてチェックアウトを済まし、8:00に駅並びのORIXレンタカーで車をGET
今回のアシは日産NOTE。5月の久米島に続いて2度目だ。
カーナビをセットし、コンビニで朝食を調達してお腹に納めたら、いざ旭山動物園へGO!
大人気の動物園、しかも夏休みの繁忙期。
せっかく楽しみに行ったところが大混雑、では悲しいので、開園前に行き、超人気のスポットは一つに絞ろうという作戦だ。

9時に到着すると、未だ無料駐車場には空きがあったが、既に入場待ちの列が。
開園は9時半だ。既に日差しが照りつけていて、暑くなりそう。
次々と車が来て行列が出来るが、年配の係員の方々が穏やかに上手に誘導されている。
そのうち、開園間近になり後ろを向くと、ものすごい長蛇の列が形成されている。
シロクマ館・ペンギン館・アザラシ館の混雑は必至なので、ターゲットをシロクマ館に定め、開園と共に真っ先に向かった。

P1030793_2
まだ開園30分前なのですが…。

既にシロクマ館の入り口にも行列が出来ていたけれど、5-10分で中に入れた。
いきなり、目の前のガラスの向こうをシロクマが泳ぎながら登場。大きいー!
ガラスの向こうは水中。丁度私達の胸のあたりが水面だ。
元気なシロクマ君は、同じコースを、左右に行ったりきたり。
ターン時に岩をキックしてはずみをつける際、見える足の裏の肉球と大きなお尻が可愛いらしい。
お顔を拝見すると、やっぱり精悍で怖いんだけど。
一回に案内された人達がちゃんといろんな角度から見られるように、案内のお姉さん達が上手く誘導している。
フラッシュ禁止の注意も、ちゃんとデジカメの表示をどうすれば良いか分かり易くボードで案内したりして、工夫がよく見られる。
こういうところに流行る理由があるんだろうな。

P1030797
残念ながら、ダイブしてくる所は見られず。既に泳いでいたシロクマ

P1030802
この肉球で、岩の角を蹴って、ダイナミックに泳ぐ

透明の半球ドームから顔を出す「アザラシの気持ち」という所にも興味があったが、「30分待ち。しかも今日は顔を出した所にシロクマがいない可能性が高い」
と聞いて、スルー。
階段を上がっていくと、今度は陸上の様子がガラス越しに見え、おばあちゃんシロクマが目の前に迫る。
体がかゆいのを、ガラス窓の枠でかいている姿が目の前に。皆、写真取りまくり。
更に階段を上がると、今度は上から地上のシロクマを見下ろせるような三段構成。
よく出来てるなー。
上からは、「30分待ち」の半球透明カプセルから顔を出す人達の顔がよく見える。
顔を出した人達は、シロクマの姿を求めてキョロキョロ。すぐ引っ込み、次の人が顔を出してまたキョロキョロ。
あー、これ、確かにシロクマからしたら餌のアザラシに見えるだろうねー、と感心。
しかし、暑い陸上でシロクマさんは狩猟モードどころか休養モード。
のんびりぐったり、といった気配で、ドームの方にはほとんど近寄らないカンジだったみたいだ。

P1030808
カユいのよ…

P1030816
暑い… 

堪能してシロクマ館を出ると、猛暑。
人気のぺんぎん館、アザラシ館の入り口には既に長い入場待ちの列が出来ていて、この炎天下にどれだけ待つ事になるのか…
予想通りなのでスルーし、他のエリアへ。

たくさんの動物達がシロクマ同様、工夫のある展示で見られるのが感激だった。
面白かったのが、コロブスという白黒の猿達。
檻の隙間から手を目一杯伸ばし、草をむしり取って食べているのだが、感情豊かで笑ってしまう。
手が短くて草を取れない子猿は、草をGETして食している大猿(両親か?)に夢中でねだる。と言うか、奪い取ろうと必死。
でも相手にされず、ムキーっとなっているのが可笑しくて、柵の前でしばらく長居してしまった。

Dscn1621
コロブス というそうです。

P1030828
と、届かないっつ…

P1030832
ちょうだいっ!!

P1030834
んがーーーーっつ!!

オラウーンタンも、お父さん・お母さん・赤ちゃんの3名構成で、赤ちゃんはあちこちに捕まって遊ぶ遊ぶ。
お母さんに甘えて、遊んで、って姿を見てると人間と同じだなぁ…ってつくづく感じる。
髪の毛も、ほやほやなカンジで。そういえばこんな子、人間の赤ちゃんでも見た事あるような。

P1030825
おかあさんと遊ぶ

P1030827
こういう赤ちゃん、いるよね。

チンパンジー達の展示場も感心もの。広い遊び場を囲んだり中をトンネルで通ったりするように進路が出来ているので、いろんな場所を移動するチンパンジー達の様子が目の前で見られる。何て握力なんだろう!
猛獣館のライオンやヒョウ、トラ達は…暑くてダウンしている模様。
そうだよね、暑いよね。
でもさすが北海道だな、と思ったのは、木陰に入った途端にスッと汗がひく涼しさであった事。
エアコンよりもずっと良い。

P1030844
こういう透明カプセルの通路に

P1030842
いきなり飛び乗ってきたりする!

P1030853
暑い…

P1030851
中に入れてぇ

Dscn1618
日陰は涼しくてよ

P1030846
キャラクターグッズで人気の出た「カピバラさん」…随分お顔が違うような…??

動物だけじゃなくて、植えられている木々もきちんと紹介されていて、面白がってあちこち歩いていたらあっという間に3時間が経過。
足もパンパンになってきたので、退散する事に。
「あざらし館」の前を通ると、どういう事か入場待ちの列が無い。
あと5分で「もぐもぐタイム(餌やりタイム)」になるので館内のアザラシが外に出てしまう、という事でこれから館内に入る人が居ない模様。
数え切れない程の人が「もぐもぐタイム」を見ようと場外の会場周辺に何重もの人垣を作っている。
ほんの数分でも、眺めるチャンス!と館内に足を踏み入れると、丁度目の前のトンネルを上から下へスイーっと泳ぐアザラシ君に遭遇。
おぉ!なんて気持ち良さそうな。
Dscn1624
スィーっと優雅に、滑るように泳ぐ

今度は冬の時期にまた来たいな。
この動物園の、圧倒的な「創意工夫力」を肌で感じさせられてノックアウト。
得した気分と感動いっぱいで動物園を後にしたのでした。

P1030836
ゴリラの顔の中は自動販売機。手の平は、空ボトルのゴミ箱でした

P1030850
こういうの、すごく好き。ツボにはまる…

« 2009年 夏・北海道旅行記(1) | トップページ | 2009年 夏・北海道旅行記(3) »

2009 8月北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2493220/70229487

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年 夏・北海道旅行記(2):

« 2009年 夏・北海道旅行記(1) | トップページ | 2009年 夏・北海道旅行記(3) »