« 2009年 夏・北海道旅行記(5) | トップページ | 2009年 夏・北海道旅行記(7) »

2009年9月 9日 (水)

2009年 夏・北海道旅行記(6)

Aug-6 Day4 ~トマム・サッポロ大倉山競技場・ススキノで絶品ジンギスカン~

P1030997

目が覚めると、二人して服を着たままソファで寝てしまっていた事に気付く。TV付いたまま!
朝の6時、窓の外を見ると快晴!雲がほとんど無い。

このホテルの目玉、早朝の雲海テラスに行こうと思っていたのだが…天気良すぎじゃないの~。
早朝の時間帯、敷地内のゴンドラで山に登った所にある「雲海テラス」。
眼下が雲に覆われ、絶景という評判を至るところで聞き、是非行ってみたいと思っていた。
もちろんいつも見られるという訳じゃなく、お天気次第という事で確立は意外と低いらしい。
雨や霧が出たらアウトだし、晴れ過ぎたら雲が無くて、「見晴らしの良い展望テラス」という訳だ。
それはそれで絶景なのだろうが…
ホテルは高層なので、部屋からも運が良ければ雲海が見られるとも聞いていたんだけど、何せ超良い天気。
雲海は期待できそうにないので、諦めてベッドにもぐりこんで本格的に寝なおしてしまった。

Hokkaido2009_261
28階の部屋からの眺め

P1030992

明るい中で見ると、本当に広大なリゾートだ。
ホテル内の朝食場所に行ってみると、行列が出来ている!
ちょっと歩くけど、ホテルから専用通路でつながっているゴンドラ下の大レストラン、「ニニヌプリ」まで足を伸ばしたらここには行列は無くてホッ。
天井が高く、コンクリートと大きな窓ガラスで構成された気持ちいいレストランだ。
上をゴンドラが通過していく、大きな音が定期的に響き渡る。
スキー場を思い出すー。もう、10年近く行ってないなぁ、スキー場。

雲海テラスは残念だったが、トマムリゾートにはもう一つ、お目当てがあった。
かの安藤忠雄氏が設計したという、「水の教会」がこのリゾートの中にある。
水のある風景が好きなもので、ふと何かの写真集でこの教会を見て釘付けになった。
是非見に行ってみたい!と思って、チェックアウトの後に行ってみたのだが…
教会のあるホテル棟の入り口には、「本日結婚式の為、外部の方の立ち入りお断り」の看板が。
ショーーーーック!

そういう事もあるさ…と気を取り直し、いざ次の目的地、札幌へ向けてドライブ出発。
道沿い、「この川で遊んだら気持ち良いだろうなぁ~!」って思うような川が並走している。
随分長いこと、道路と、川と、林(森かな)と送電線しか視界に入らない状態でドライブ。
熊がシャケ咥えて立ってても違和感無さそうな川だ。

しばらく走り、夕張に入る。
大きな観光センター風ドライブインで、休憩。
カットされて売られている夕張メロンと、見た目そのものの真っ黒な「石炭シュークリーム」を食べてみる。
どっちも、美味しい~!
夕張は炭鉱モノとメロンものとハスカップモノを大々的に売り込んでいる感じだった。
あと、黄色いハンカチ。目玉というか、名物は結構あるのだな。

この後は高速道路に乗り、一気に札幌へ。
右も左も広大な畑、まっすぐ伸びる道、だけど前にも後ろにも他の車を一台も見ない、という時間が結構あって、何だか不思議。
そのうち札幌に近づくに従って景色は完全に街へ。

インターを下り、まず向かったのは大倉山競技場。
今回の旅行で札幌はプランに入っていなかったのだが、大倉山シャンテは上まで行けると聞いたので急に興味が湧いたのだ。
あのジャンプ台の上からの景色って、どんなの!?って。

札幌から大倉山へはそんなに遠くない。
宮の森の住宅街(すごく素敵な家が多い。高級住宅街の香りがする。)を抜け、山を登っていくと大きな駐車場に到着。
そこから長いエスカレーターで更に上に上がったところに、ウィンターミュージアムとリフト乗り場があった。
まずはウィンターミュージアムに入ってみる。
スポーツ大好きな我々はもちろんウィンタースポーツを見るのも大好きだ。
しかし、スキーとスケート以外は全く経験の無い、TVで見た事しか無い競技ばかりなのだ。
だから、展示されている各競技の道具やウェア、歴史や紹介のパネル、模擬体験シュミレーターなどはとても面白かった。
次の冬のオリンピックは、更に楽しく見れそうだ。

1時間半ほどをミュージアムで過ごし、ジャンプ上の下に出た。
うわーーー、すごい、圧巻!ドキドキする。
リフトに乗ると、さっきミュージアムで見た、着地地点に田んぼの苗のように敷き詰めてあるマテリアルを見てその仕組みに感心したり、そこに放水されてキラキラ水が光っているのに見とれたり、後ろを向いたら思いのほか高いところにいてビックリしたり、ワクワクの連続。
下り場の近くまで来ると、ジャンプの格好した選手が何人かスタンバっているのが見えた。えっ、雪無いのに飛ぶの!?
男性4人くらいに、女性2人。大学の選手かな?
リフトを降りて、展望台にまわると、目の前にスタート直前の選手が腰掛けている。
高い、すごーーーーく高い!
ここから飛ぶなんて、すご過ぎる…。
ほとんどのスポーツをこなすダンナも、「無理。これは無理!!!」とチキンになっている。

選手達が、次々と跳んで行くのを眺める時間はとても楽しかった。
そして札幌の街が広く見渡せる展望台。
一番上まで行くと、右の山肌に宮の森シャンテも見えた。
右斜め前に見える野球場、「円山球場」だね。確か、毎年ジャイアンツがここに来て日曜のデイゲームやってたよね。
その更に向こう、ドームの天井が見える。札幌ドームだー。
まっすぐ伸びる大通り公園も見える。
冬はどんな景色になるんだろ。想像もつかないな。

ところで、リフトで下りる時、下から上がってきた女子選手の顔を見てダンナが「あの子、さっきのミュージアムの入り口に飾ってあった日本代表選手のパネル写真で見た」と一言。
どんだけの記憶力!?

P1030996
「虹と雪のバラード」の歌碑。札幌オリンピックは残念ながら記憶に無い。

P1030995
ジャンプ台を見上げて。すごい、迫ってくる…

Hokkaido2009_265
上りリフトから。着地ゾーンは、人工芝のような感じ

Hokkaido2009_268
Ready...


Hokkaido2009_269
Go!!!


Hokkaido2009_270
札幌市街

Hokkaido2009_273
下りリフトからの眺め。ちょっとコワい…

大倉山競技場を出ると、午後4時半。
札幌駅前のオリックスにレンタカーを返し、これにて北海道ドライブ編は終了。

札幌でのイベントはもう一つ、多くの方々に勧められた店でジンギスカンを食べる事、だ。
札幌駅から地下鉄で2駅、すすき野で降りる。
階段を出てすすき野の交差点を出ると、交差点に大きなNIKKAのキャラクターのネオンが。
ぎゃー、20年前、大学時代にスキーツアーで来た時と変わってないっ!!!

勧められたお店は、すすき野駅から少し歩いたところにある「さっぽろジンギスカン 本店」だ。
ガイドブックにも載っていたので、それを目指して行ってみた…ら、違う名前のジンギスカン屋がそこにある。
あれ?確かにこの位置なのに。
移転したのか?
住所を携帯の地図で入力してみると、TV塔の近くを示すので、そっちまで足を伸ばして探し回るが、見つからない。
何回か電話かけたが通話中だし。
一時間近く歩き回り、もう足もパンパンで限界、って事で、じゃあ諦めて最初に見た「違う店」に行こう、とすすき野へ戻る。
信号待ちをしている時に、ふと「もしや…」と思い、裏側にまわってみたら、発見!!!
狭い、カウンターだけのお店なのでいつも行列が出来ると聞いていたが、早めの時間から探し回ったのでこの時点でまだ7時前。
丁度カウンター2席分の空きがあり、待たずに済んだ。嬉しい!

カウンターの中には女性の店員さんが3人程スタンバイしており、その奥でご主人がひたすらラムを切っている。
何も頼まなくてもジンギスカン鍋と肉が差し出され、玉ねぎが山盛り乗せられる。
一口食べてびっくり、ラム、美味しい~!
羊特有の臭さも平気なんだけど、あの独特の匂いもキツくなくて、こんなラム食べたの初めて!
一皿カンタンにたいらげ、お代わりすると、今度は違う部位の肉を出してくれる。これも美味しい。
結局3枚食べてしまった。そして、驚く程美味しい、玉ネギ。
他の野菜焼きも注文したのだが、野菜はこのタダで盛ってくれる玉ネギが一番美味しかったな。
こんなに甘くなるなんて。
そしてお腹いっぱいになると、ポットに入ったジャスミン茶が渡された。
タレをこれで薄めて飲むのだという。
焼肉のタレにジャスミン茶????
…これが、びっくりする程美味しくて、大感動。
行列が出来るというのも、納得だ。

美味しかったねー、と何度も口にしながら、また地下鉄に乗って札幌駅へ。
今夜の宿泊先、小樽へ電車で向かうのでした。

P1040019
写真がブレているのは、ビールがすすんだ証…?

~Day 5に続く~

« 2009年 夏・北海道旅行記(5) | トップページ | 2009年 夏・北海道旅行記(7) »

2009 8月北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2493220/70229453

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年 夏・北海道旅行記(6):

« 2009年 夏・北海道旅行記(5) | トップページ | 2009年 夏・北海道旅行記(7) »