« 2011年GW 沖縄本島旅行記(3) -琉球村・チャーリー多幸寿・南城へ | トップページ | 2011年GW沖縄本島旅行記(5)- 中城城址 ~ 海中道路で平安座島・宮城島・伊計島・浜比嘉島 »

2011年5月24日 (火)

2011年GW沖縄本島旅行記(4) - 久高島

DAY 4: May-3 (Tue.) 朝から雨。
バルコニーに出ると、とても涼しくて気持ち良い風。
まるで軽井沢だわ。高原の朝、ってカンジ。

南部滞在中、今日か明日のどちらかで久高島に行こうと思っていた。
予報ではどっちも雨だけど、明日の方がひどそう。
でも今日も結構降ってるよなぁ…と思ってtwitterで検索したら、行ってる人 結構いる。しかも現地の天気、そんなに悪くないみたい。
なんだ、同じエリアでも下界は結構天気違うのかも!
レインコートや多目のタオルを詰め込み、いざ車で安座真(あざま)港へ。
南部エリアに抜ける山道を走っていると、急に目の前が開けてキレイな海の光景が飛び込んでくる。
前にも通ったなぁ、ここ。ニライカナイ橋の周辺、本当に絶好のドライブルートだ。
この辺には、沖縄のガイドブックに載ってる、いわゆる「絶景カフェ」も点在するんだよね。
タクシーやレンタカーがあちこちに停まり、景色を堪能している人たちがたくさん。
雨なのに、すっごくきれいな海のグラデーションが一望できるんだもんね。

■あざまさんさんビーチ
山を下りると、確かに雨はあがっていた。
もうちょっと早く出るべきだったなぁ。次の船の時間を見ると、11時半発という事で、1時間もある。
久高島は、港の正面に見えていて、高速船で20分くらいで着くらしい。
石垣島から行く竹富島みたいな感覚だね。
時間があるので、隣にある「あざまさんさんビーチ」を散策してみる。
沖縄の人気ビーチ上位にいつもランキングされているところなので、名前は知っていた。
人工ビーチだけど、設備がきれいに整ってて、すっごく気持ちいい。
ネットで防備されているビーチにはちゃんと監視員もいて、砂浜にはビーチバレーのネット。
砂浜の周りにはランニングもサイクリングもできるような遊歩道、それに沿って芝生の広場が広く広がっている。
芝生にはハーリーの船がディスプレイされていた。この旅の後半、那覇で本番見るのが楽しみになる。
遊歩道沿いに、点在しているのは屋根付きのバーベキュー施設。
強風、雨を防ぐ透明ビニールシートカバーなんかも完備してあって、いいなぁ!
シャワーやトイレ、エアコン完備の施設もすぐそばにあって、バーベキューの食材なんかもそこで調達できるらしいし、暑くなったら涼みに行けばいいんだもんね。
GWの祝日とあって、どのBBQ場も地元の若者グループやご親戚一同と見られる方々で大賑わい。
海で遊ぶ子供が少ないのは、涼しいからかな、と一瞬思ったけど、地元の人たちあまり海に入ろうとしないもんね。
沖縄の友人が、「海は、泳ぎに行くんじゃなくて飲みに行く場所かなぁ」と言っていた事を思い出した。「ビーチパーティー」っていうんだって。
いいなぁ、こういう環境。

Azama_port
久高島へ向かう高速船とフェリーが出る、本島側の安座真港

Azama_beach1
あざまさんさんビーチに向かう。ハーリー船がディスプレイ。

Azama_beach2
曇天が残念だけど、キレイなビーチ。

Azama_beach3
BBQの出来るスペースが、ビーチに沿ってずらり。


■久高島

その昔、アマミキヨと呼ばれる神様がこの島に降り立ち、沖縄を創ったといういわれのある、神聖な島だ。
沖縄には各地に御嶽(うたき)と呼ばれる神聖な拝所がたくさんある。
パワースポットとうたうガイドブックもあるが、霊的?なモノには鈍感な自分にとっては、パワースポットなのかどうかは分からない。
ただ、地元の方々がその場所を厚い信仰で守り続けている事はとても伝わってきて、気軽に足を踏み入れるのはちょっと躊躇してしまうところがある。
だから聖地の中の聖地、という位置づけである久高島は、離島好きな私達ではあるが、なかなか行きにくい場所だったのだ。
ただの観光客以外の何者でもない自分達が、足を踏み入れていいのかな、って。

でも、前に世界遺産でもある齋場御嶽に行った時は、そこに流れる空気というか雰囲気に圧倒的なものを感じた。
そこから久高島を見た時に、「やっぱり行きたい」って強く感じたのだよね。

高速船の座席は以外と満員で、後方のデッキに立ち乗りとなった。
日帰りで気軽に行ける距離とあって、街に行くような格好した若いカップルが結構多い。
八重山の島々の旅ではあまり見かけない光景だ。

船にエンジンがかかって走りだすと、鼻をつくガソリンの匂い。
髪の毛が風に舞って、ぐちゃぐちゃ。
でも、このカンジ大好き。やっぱり離島に向かう船の上って、胸が高鳴る。

20分で久高島の徳仁港に到着。
帰りの船が3時なので、集落のレンタサイクルで自転車を3Hほど借りた。

MAPを見ると、港や集落がある南側から、北に向かって何本かの道が通っている。
島の西側はあまり立ち入らない方が良いそうなので、島のほぼ真ん中を通る道を北上し、東海岸側の道を南下する事にした。

集落の中、すれ違うおばぁ達に「こんにちは」って声をかけると、にっこり笑って見送ってくれる。
軽トラに道を譲ると、荷台に乗った子供達が大きな声で「こんにちはぁ~!!っ」って叫んで手を振ってくれる。
あー、離島のこのカンジが好きなんだった、って思い出す。

途中、島で一番大事な御嶽とされる「クボー御嶽」の入り口まで行ってみる。
ジャングルのように植物が生い茂った道の先、立ち入り禁止の小さな看板が。
写真を撮るのも違うような気がしたので、お参りするだけに。
まずは手を合わせて、お邪魔します、とご挨拶。
そして、亡くなった身近な知人の事、震災の事。頭に浮かぶ、人々の顔。
出尽くすまで頭に浮かべて、お願い事無しのお参りを。

ご挨拶が済んで、いざ島めぐり。
ガタピシの自転車だし、道路は凹凸が多いので、のんびりゆったり進む。
緑豊かな島だなぁ。
見た目がパイナップルみたいなアダン、月桃、テッポウユリ…
間もなく、島の北側の端「ぱびゃーん」に到着。
軽トラや自転車がたくさん停まってる。
ここでも複数の家族連れが「ビーチパーティ」中。
海のグラデーションがキレイだなぁ。日が差してたらもっとキレイなんだよなぁ。
かの沖縄の始祖、アマミキヨが最初に降り立ったといういわれのある場所だ。

Kudaka_atsuo2
緑豊かな一本道。

Kudaka_adan
パイナップルによく似たアダンは、鳥の大好物。

Kudaka_getto
ピンク色の月桃。沖縄じゃその香りと葉の殺菌作用が有名。

Kudaka_habyan1
最北端の、はびょーん

Kudaka_habyan2
お日様が出ないと海の色が…残念。

帰り道は東側、海沿いの道を南下。ビーチの入り口の標識を見るたび、自転車を置いてビーチを見てみる…のだが。
曇天の上に、潮が引きまくっちゃっていた。うーん…残念。

Upama
沖縄のビーチによく群生してます。

間もなく集落、ってあたりで、道のど真ん中に倒れている猫。
死んでるのか!?って思ったら、寝ているだけだった。道のど真ん中に!?
すぐ横を通っても、顔をこちらに向けるだけ。どんだけの安心感なんだよ…。

集落に着いたら、1時半。まだ次の船まで、1時間半あるんだな。
新しく建ったと思われる。可愛いデザインの小学校がとても印象的だった。
積み木みたいな鮮やかな色とデザイン。いいなー、こういう学校。

自転車を返すと、おばぁがタッパーに入れた黒糖を勧めてくれた。

お昼は、港ちかくの食堂「とくじん」で。
ダンナはソーキそば、私は海ぶどう丼を注文。
この海ぶどう丼と付け合せで出てきた煮物、すごく美味しくてびっくり。
そしてふと、ガラス戸の外の庭を見ると、縁台に ありえない姿で寝ている猫発見。
お腹を空に向けて両手万歳で寝ている…犬かっ!?
カメラを向けると、気配を察して顔だけ上げてこっちを向く。
時間をおいて何度トライしても、撮ろうとすると顔を上げられてしまうのでついに撮れず。
敏感なんだか、無防備なんだか…。

会計済ませて、店を出た途端に足元に寝てる別の猫を踏みそうになって、ひぇって驚いた。
猫、動じず。
…久高島の神々は、猫に姿を変えられて日々をお過ごしなのでしょうかね…。

Kudaka_shokudo
食堂は島に数件。

Kudaka_umibudo_don
期待以上に美味しかった、海ぶどう丼。鉄火もイケる味。

Kudaka_neko
あやうく踏むとこでした!

たった3時間半の滞在。
離島は、絶対に泊まった方が楽しめるんだけど…残念。
本島に戻る船が安座真港に着いたと同時に、バケツをひっくり返したような雨が降り出した。
久高島の神様、ありがとうー☆

部屋に戻ったら、トイレの便器交換作業のラストスパート中。
出掛けにフロントに「ウォシュレットが作動しない」って伝えていったら、ウォシュレットごと交換してくれたみたいだ。

大雨なので、お風呂でゆっくり汗を流して、お風呂棟のロビーの軽食処でビールと軽い食事。
やっぱり離島は、いいなぁ。やっぱり日帰りじゃなく、民宿に泊まるべき、と改めて思う。

Day 5に続く。

« 2011年GW 沖縄本島旅行記(3) -琉球村・チャーリー多幸寿・南城へ | トップページ | 2011年GW沖縄本島旅行記(5)- 中城城址 ~ 海中道路で平安座島・宮城島・伊計島・浜比嘉島 »

2011年GW沖縄本島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2493220/70229325

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年GW沖縄本島旅行記(4) - 久高島:

« 2011年GW 沖縄本島旅行記(3) -琉球村・チャーリー多幸寿・南城へ | トップページ | 2011年GW沖縄本島旅行記(5)- 中城城址 ~ 海中道路で平安座島・宮城島・伊計島・浜比嘉島 »