« 2011年GW沖縄本島旅行記(4) - 久高島 | トップページ | 2011年GW沖縄本島旅行記(6) 那覇ハーリー! »

2011年5月28日 (土)

2011年GW沖縄本島旅行記(5)- 中城城址 ~ 海中道路で平安座島・宮城島・伊計島・浜比嘉島

DAY 5: May 4 (Wed) 今朝も霧がたちこめ、涼しい。
寒暖の差が激しいと、風邪ひきやすくなるよねー。
冷えるとお腹の調子が悪くなるので、移動が大変。
羽織ものは欠かせない。

今日は、Drive。
必ず行く、と決めていた場所は、沖縄の世界遺産である9箇所を構成している城址の一つ、中城(なかぐすく)城址。
この9箇所の世界遺産遺跡の中で、城址は首里城、今帰仁城、座喜味城、勝連城、そして中城城の5箇所だ。
別に世界遺産遺跡巡りをしようなんてこれっぽっちも思っていなかったし、文化的遺産や建造物に興味を持つようになるなんて夢にも思わなかった。(特にダンナ。)
どの城址も気持ちのいい場所にあるし、やはり城自体が残っていなくても、残されているものや規模などから壮大な権力が感じとれる。
歴史的背景や人物の名前なんかも覚えていくから、行く先行く先で知識がつながって、より面白く感じるようになるんだろうな。
中城城址は、行った事のなかった最後の城址なのだ。

今は沖縄に住んでいるテニス仲間にメールしてみたら、「GWは連日仕事です」との気の毒な返事が。
ドライブなら、海中道路なんかどうでしょう?ってお勧めコメント。
沖縄本島から、長い橋で平安座島、宮城島、伊計島、浜比嘉島といった離島がつながっている。
そういえば、平安座島までしか渡った事が無かった。一番先の伊計島まで行ってみようか。
って事で、今日の予定が決まった。
いざ出発。

■中城城
まずは中城城址に向かう。雨、降ったり止んだり。
車を降りて周辺を眺めると、遠くに廃墟のようなコンクリートの建物跡が見える。
なんだろ、あれ?
長崎の軍艦島みたい。

チケットを買って坂をのぼると芝生の広場が広がり、正面に城壁が。
城の最後方にあたる場所らしい。
後ろ側から城の入り口に向かって見学できるようになっているのね。
芝生には、テントが張られて、学校の先生風の方々が数人。
午後、ここでエイサーのイベントがあるんだって!きゃー、見たかった。
でも14時からだそうで、とてもそれまではいられない…。

そこにいらした方は歴史の先生なのか?
このお城には、湧き水が出る場所があるんですよと教えてくれる。
兵糧攻めにも強いお城だったんです、そういう所を見ると面白いですよ、とか
石の積み方も、だんだん進化しているから、城の後方と前方では随分違っているんですよ、とか。
へぇー。

城址は、当然見晴らしの良い場所にあるので、どこも一の丸であったとみられる場所からの見晴らしは絶景だ。
眼下に広がる町、その先のキレイな海。深さによって何色にもなる…晴れてればね。
残念な事に、カサを差したりたたんだり、の天気。
でも、観光客もまばらだし、こういう視界の開けた場所でボーっと風に吹かれているのはたまらなくいい気持ち。

複雑な構成の城門跡付近を通り、順路の終点の広場まで来る。
と、立ち入り禁止のロープが張ってあり、そこから先は例の駐車場から見えた「廃墟」だった。
30年以上前、大型の観光ホテルとして建ったのだが、オープンに至らなかったのだという。
老朽化していて危険だから入るな、というような看板が立ってたけど、入っちゃう人いるんだろうなぁ。
バブル景気よりもっと前の、高度経済成長時代の遺産。
これもまた、一種の遺跡かと思うとなんだか不思議な感じ。

Nakagusuku_m1
お城の裏手にあたるらしいが、見学はこちら側からスタート。

Nakagusuku_m3_entrance

では、中へ。

Nakagusuku1

ここを下に降りたところに、キレイな湧き水が。今でも!

Nakagusuku2
静寂と、吹き抜ける風が心地良い空間。

Nakagusuku3
太陽が出れば、鮮やかな色の海が見られるハズ。今日は残念。

Nakagusuku_m4_iriguchi
城の入り口側。防衛の為、相当複雑な造り。

Nakagusuku_haikyo
城址の見学コースが終わったら、いきなり現れた「廃墟」。
30年以上前、完成前に計画がストップし、そのままになったホテルだそうだ。

■海中道路

沖縄本島の太平洋側、与勝エリアから長い海中道路を経て、平安座島・宮城島・伊計島・浜比嘉島がつながっている。
数年前、勝連城址を見にいった時、平安座島まで行ってみた事がある。
知人の紹介で、いっぷく屋というカフェに立寄ったのだ。
その時もそうだったけど、近隣の浜は遠浅で、更に引き潮の時間で、大勢の人たちが海に出て一生懸命何かを拾っている。
アーサーかしら?

いっぷく屋には、二度目の訪問。
ここで遅めのランチを。ここでは美味しい冷麺が食べられる。
そしてここは、眺めも結構いい。
周辺に立派なお墓がたくさんあるけど、窓やテラスから見える海や、長く伸びる橋はなかなかの光景。
コーヒー飲みながらボーっとするには最適なお気に入り場所…なのですが…冷麺食べてたら、滝のような豪雨。
あーあ、浜に下りてる人たち、気の毒にな。

Ippukuya_photo1
平安座島の高台に上がる途中、海と橋を見渡せる「いっぷく屋」

Ippukuya_photo
入り口にサバニ(舟)が飾られ、居心地良くて好き。

Ippukuya_umibudo
こういう形を見ると、まさに「海ぶどう」だね。


雨は未だ強いけど、終点の伊計島まで走ってみる事に。
平安座島、巨大な石油タンクや関連施設がとても目立ってびっくり。
海岸沿い、長い堤防にいろんな絵がペイントしてあって、目を愉しませてくれる。
それから、沖縄特有の大きなお墓がたくさん。
沖縄に行き始めた頃、お盆にはあの墓の前で親族が集まって宴会やるんだよ、って聞いてびっくりした覚えが。

隣の宮城島もお墓と畑の多い、自然豊かな島だなぁ。ドライブで通過するだけなのももったいないなぁ。こういう所は、自転車か原付でゆっくりまわりたい。
有名な塩、「ぬちまーす」はここで作られているらしい。
海沿いのトンネルを抜け、伊計大橋を渡ると、終点の伊計島。確かここには大型リゾートホテルがあったはず。
と、伊計大橋を渡って伊計島に入ったとたん、左手に息を呑むほど美しい色のビーチが現れた!
大雨の悪天候なのに、すごく濃いブルーというか、グリーンというかの海の色。
宮古島や石垣島を拠点とする離島では、こういうハッとするような色のビーチにお目にかかれる事があるけど、本島近辺で見られるとは思ってなかった。
なんだか嬉しいhappy01

伊計島をぐるっと一回りして、元の道を戻る事に。
リゾートホテルも、外観見ただけだけど、年季入ってるなぁ。
きっとのんびり過ごすにはいいところなんだろうなぁ。

宮城島に入ったところで、西側の海に浮ぶ桟橋?やら、なんだか気になるものが多い。
もうちょっと海側を走れる道、ないかな?とナビを見ると、もう1本の道があるので、帰りはその道を通ってみることに。
道は広くはないが、レンタカーは小型なので、あまり考えずにどんどん進む。
そのうち成長しまくった左右の植物達に侵食されていて道がどんどん狭くなり、ぎりぎり通れる程度の幅に。
急なS字カーブの繰り返しで坂を上っていくカンジで、小回りのきく小型車なのに切り返さないと曲がれなかったりして、だんだんドキドキしてきた。
轍(わだち)の跡が道に残っているから、どこかに抜けられるはず!という気持ちはあるのだが、左右から侵食している植物はその重さで道の中央に向かってしなり、さながら緑のトンネルを走っているよう。
って言うか、枝や大きな葉が車のミラーやフロントガラスにバシバシ当たり、めっちゃ怖いcoldsweats02
ジャングルのお化けに食われる夢でも見そうな勢いだ。
引き返すにもスイッチバックできそうな場所も無く、息を呑んで進んでいたらいきなり目の前に大空と畑が広がり、思わず「出たぁーっ!!!」と叫ぶワタシタチ。
怖かったよおおぉ~。
左右から元気な植物が侵食する道は、沖縄の離島では時々通ったけれど、こんな怖い思いしたの初めてだなぁ。
ヨソ者が必要以上にうろちょろするな、とお灸据えられたんですかね。
無事に抜けられてよかった。
写真撮る気にもなれなかったもんね…。

もう一つの島、浜比嘉島には、平安座島から枝分かれする別の橋で渡る。
ここにもリゾートホテル有り。島をぐるっとまわると、ビーチでは大勢の家族連れや友達同士が「ビーチパーティ」。 BBQしたりフリスビーで遊んだり。
こんな雨の日でも、関係ないみたいだ。

島同士は本当に近い。海中道路で結ばれる前は潮の引いたときに歩いて渡ったりしてたんだって。
橋が出来てから簡単に往来できるようになったんだろな。

-------------------

コンビニで車の充電して、晩御飯調達して、ホテルの大浴場でのんびり。
怖い目にも遭ったけど、いろんなものを見れた日でした。

そうそう、ホテル近くのローソンに、めっちゃ背が高くてキレイな顔をしたバイトさんがいた!
城田優君をやさしい顔にしたような。モデルさんかな。学生さんかな。
誰からも「面食いでしょ」とは言われない私であるが、あまりのgood lookingに思わず二度見してしまいました。
強く印象に残った事の一つでしたcatface

~Day 6に続く~

« 2011年GW沖縄本島旅行記(4) - 久高島 | トップページ | 2011年GW沖縄本島旅行記(6) 那覇ハーリー! »

2011年GW沖縄本島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2493220/70229324

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年GW沖縄本島旅行記(5)- 中城城址 ~ 海中道路で平安座島・宮城島・伊計島・浜比嘉島:

« 2011年GW沖縄本島旅行記(4) - 久高島 | トップページ | 2011年GW沖縄本島旅行記(6) 那覇ハーリー! »