« 2011年GW沖縄本島旅行記(5)- 中城城址 ~ 海中道路で平安座島・宮城島・伊計島・浜比嘉島 | トップページ | 2011年GW沖縄本島旅行記(7) ~ 首里城周辺 »

2011年6月 8日 (水)

2011年GW沖縄本島旅行記(6) 那覇ハーリー!

DAY-6: May 5(Thu.) 

今日も朝から雨。
3泊過ごした南城のホテルをチェックアウトし、今日から那覇で2泊。
いよいよ旅も後半だ。
このGW中、このホテルではセグウェイの体験乗車(?)をやっていて、結構人気あるみたいだった。
今朝も雨の中、カッパを来たスタッフさんとお客さんが一列になって玄関前を通過。
体の重心のかけ方一つでスピードや進む方向をコントロールするんだって。超面白そう!
やってみれば良かったなぁ。

車の返却は、ゆいレール美栄橋駅前店にお昼。
今夜からのホテルは、美栄橋駅近くでR58沿いのリッチモンド久茂地。
今日のプランは、ホテルに荷物を預け→車を返し→国際通りで土産屋を散策し→那覇ハーリーを見に行く というもの。
GWの祝日中の那覇近辺は混むのが分かっているから今まで避けていたけれど、どうしても那覇ハーリーを一度見てみたいと思ったので、とても楽しみだ。

ホテルのある南城の高台を下りると、下界は大雨。梅雨本番!って感じの勢いだ。
げー、車お昼に返すのに…。
昼過ぎには回復の見込み、という天気予報を信じる事にして、那覇へ。
途中スーパーに立ち寄り、ダンナの友達に頼まれていた「もずくのたれ」を購入。
以前はどこのスーパーにもあったんだけど、今回の旅では立寄ったスーパーにことごとく置いていなくて、6日目にしてようやく購入できたよ。
たまたま品薄だったのかな。

リッチモンドホテルは、慶良間方面への船が出る、那覇泊港のすぐ近く、久茂地にある。
チェックインには早い時間なので荷物のみ預け、身軽な格好で車を返却。
まだ雨が降っているので、公設市場のあるアーケードや国際通りを散策。
相変わらずお土産屋さんで賑わってるなぁ。
歩き疲れてお腹も空いてきたところで、ステーキ屋さんでランチ。
沖縄って、本当に気軽な値段で食べられるステーキ屋が多いよね。

そういえば沖縄入りした日に「ヒミツの県民ショー」で、かりゆし58の前田君が「沖縄県民は飲んだ後の〆にステーキを食べる」ってカミングアウトをしてて、びーっくりした。
飲みに行った店の人達に改めて聞いたら、「内地は違うのー?」って言われて、ホントなんだぁって改めてびっくり。
逆にラーメン屋って、あんまり見かけないもんね。

Stake_lunch
国際通りをちょっと入った「牛屋」のランチ、¥1,000未満!
実際はビールが加わりましたがhappy02


ランチ終わって店の外に出たら、雨あがってる!やったぁ。
ではハーリーを見に行こう!とタクシーに乗り、会場のある那覇新港へ。
泊港の向こう側に見える、大きな橋の向こう側が那覇新港だって。
到着すると、すんごい人、人、人~!
大型テント有り、移動遊園地有り、特設ステージ有り…で、すごい賑わいだ。こんなの久しぶりに見るぞ。お約束のマブヤーグッズも。
到着した時は、丁度一般の予選の最終組がゴールした後で、次のレースまで一時間半くらいの間があった。
鮮やかな三艘の爬龍船でタイムを競うレース。
この後、予選A組のトップ3チームによる決勝、予選B組のトップ3チームによる決勝、「那覇・泊・久米」の三地域による伝統行事「御願ハーリー」、最後にその三地域によるレースで締められるとの事。
クライマックスの一番面白いところを見られるって事ね。良かった。

Deigo
ここ数年、八重山、今年は本島にもデイゴのハチ被害が。
久々に鮮やかなデイゴを見た気がする。


時間があるので、ダンナと別れて会場内を探検。
地デジカの着ぐるみやら、「なんでだろう~」のテツ&トモさんがジャージ着て歩いてたり。快晴だったら辛いだろうなぁ。こんな天気で良かったのかもね。
今年の7月に地デジ化されるというのに沖縄は地デジの普及率がとても低いらしくて、人が集まるいろいろな所で地デジカを良く見かける(^_^;)
CMも、震災直後のACか!?って感じるくらい、地デジキャンペーンのものが繰り返し流れる。
東京と事情が違うんだなぁって痛感。

Harry_port_2
移動遊園地なんて実物見たの初めてかも。

Harry_ice_cream
新食感のフワフワアイス…でかいよ!!


時間があるし蒸し暑いし、で、ビールやらアイスやらがすすむことすすむこと。

ようやくレース再開。
一般のチームは、米軍や沖縄企業や公共機関の職場単位だったり 学校単位だったり、様々な団体からエントリーされている。
決勝に残ったチームの方々は皆すごい体格で、特に米軍チームなんかは目をみはる感じ。
予選で敗退したらしいチームの方々も、お揃いのTシャツでビール片手に「お疲れ様会」で盛り上がっており、なんだかいいなぁ。
ここに住んでたら絶対参加してるだろうな。
なんか、三社祭によく似た匂いを感じる…って思ってたら、ダンナも「三社に似てるよな。なんかうらやましい」と。

レースは、想像以上にエキサイティング。
先行逃げ切り型、ラストスパート型、掛け声も早いチームがあればゆっくりのチームもあり、で、観客のヒートアップ度合いもすごい。
ダンナと私の間には、いつの間にか平良トミさんにそっくりなおばぁが入り込んできて、いろいろ解説してくれる。
おばぁは、テンポよく漕ぐチームが好みらしい。
そのうち、ラストスパートで接戦になると、うちわで私の腕をバシバシ叩きながら応援し始めた。

Army_2
米軍のチームは力強い。米軍関係者の応援も多くて、盛り上ってました。

「御願(うがん)ハーリー」は、伝統衣装で正装した各地域のチームが、空手の型と旗降りと歌をまじえてパレード? するもの。
これ、カッコ良かったなぁ。
そして最後は、その三地域のチームが競争する「本ハーリー」で締めくくる。

誰1人として知り合いがいなくても、面白くて盛り上がっちゃいました。

Ugan1_tomari
御願(うがん)バーリー。 とまり地区

Ugan2_naha
なは地区代表

Ugan3_naha
久米地区代表

Ugan4
空手。かっこえぇなあheart01

Ugan
夕方の港。なんか良いカンジ。

この後、特設ステージではORANGE RANGEのライブがあり、8時過ぎには花火もあがる…との事でしたが、もう本ハーリー見終わった時点で足がパンパン。
タクシーでホテルに帰ってチェックインし、お風呂に入って仮眠。
生き返ったぁ。

ホテルから美栄橋近辺には、小洒落た居酒屋が何件かあり、フラッと入ったお店でゴハン。
カウンターにいた1人旅のダイバー兄さん(ほぼ同年代とみた)とおしゃべりで盛り上がる。
兄さん曰く、GW中 水温が低くて風邪ひいちゃった。耳抜きがしにくくて辛い、とのこと。
そうだろうなぁ。ずっと雨だしね。
離島の情報交換や、ダイビングの話でひとしきり盛り上がる。
明日はフェリーで沖永良部島だって。ウラヤマシイ!

程よく酔っ払ってホテルに帰り、めっちゃ寝心地の良いベッドは快適。
あっという間に爆睡したのでした。

~Day 7に続く~

« 2011年GW沖縄本島旅行記(5)- 中城城址 ~ 海中道路で平安座島・宮城島・伊計島・浜比嘉島 | トップページ | 2011年GW沖縄本島旅行記(7) ~ 首里城周辺 »

2011年GW沖縄本島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2493220/70229323

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年GW沖縄本島旅行記(6) 那覇ハーリー!:

« 2011年GW沖縄本島旅行記(5)- 中城城址 ~ 海中道路で平安座島・宮城島・伊計島・浜比嘉島 | トップページ | 2011年GW沖縄本島旅行記(7) ~ 首里城周辺 »